ここ、雲仙は古来より、『温泉』と書いて《ウンゼン》と呼ばれていました。
大宝元年(701年)行基によって開山された『温泉山満明寺』の山号からこのあたり一帯を温泉と呼び、のちに訛って“ウンゼン”となったといわれています。 昭和9年の国立公園指定の際に『温泉』から『雲仙』と改められ、今の雲仙温泉となりました。
雲仙の地獄より湧き上がるお湯を、贅沢に源泉かけ流しでお楽しみください。

内湯

雲仙温泉では温泉を使用するのにボーリングや汲み上げは禁止されており、自然に湧き上がる自噴泉のみを引き込んでおります。
泉質は「含鉄硫酸塩泉」、日によって半透明から乳白に変わるお湯は柔らかな肌触りで湯上りの後もしっとりとした良泉です。

普賢の湯

妙見の湯

PH2.5前後と酸性度の高い有明ホテルのお湯は、肌を引き締める効果(収斂作用)があると言われています。
ぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、湯上りはお肌にまとったお湯を洗い流さないほうが効果的です。

休憩所

入浴後はこちらで体を休めて頂けます。自由にご利用ください。

泉質・効能

泉質硫黄泉
効能高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、 きりきず、糖尿病、月経障害

泉質と温度

有明ホテルでは、源泉かけ流しにこだわり湯量を調整しながら温度調整をいたしております。そのため、ご提供いたしますお湯の温度や濁り具合は季節や時間によって変化をいたします。よりお客様に快適にご入浴いただく為、ご要望に応じて出来る限り温度調整をさせていただいております。もしよろしければスタッフにお湯加減のご感想をお聞かせください。